プロフィール

目安時間:約 10分

 

■このブログを書いたひと

ちょっと長くなるかもしれませんが、これから在宅で仕事を始めたいと思って、このブログにたどりついてくださったあなたに自己紹介をしたいと思います。

 

自分では結構波乱万丈?とか思ってるんですけど(笑)

 

たまに、こんな自分の経歴を人に話すと、大変な人生だね・・・と。

 

いやいや・・・みんな大変でしょ?(笑)

 

はじめまして。

東京都下に住む40代3児の母の「ちぃこ」です。

 

出身地:山梨県

 

現在地:東京都日野市

 

19歳で就職し実家から職場まで1時間の通勤でした。

 

職場で出会った上司と20歳で最初の結婚をし、21歳の時に帝王切開で長男を出産。

24歳の時に帝王切開で長女を出産。

 

職場の上司って、まぁ会社の跡取りだったわけですよ。

ぶっちゃけ愛はない結婚だった・・・(あったかもしれないけど、感じられなかったのかな)

当時から私は、仕事が楽しくて頑張っちゃうタイプだったんですね。

 

家には義母・義祖母もいたので子どもたちは、ばあちゃんにみてもらって仕事してました。

 

そんな中、歯車が狂い始めたのは当時の旦那さんが鬱を発症したからなんですね・・・。

こんな状態で離婚なんて言ったら、周りからは人でなし!と言われるかもしれません。

てか、言われてたでしょう。

 

鬱と診断されるまでに数年かかりましたが、その間色々調べて病院へ行ったり、〇〇療法的なことを

試したりと、私なりに努力もしてたんですよ?

 

でも、お互い愛情もない状態で上手くいくわけもないですね。

家庭内別居してましたが、完全別居となりました。

 

別居後、当時の旦那さんは鬱が良くなったんですよ・・・

つまり私が原因?!

 

32歳の時に離婚調停をするも不成立で終わり、子どもたちとは離れ離れに・・・

その4年後に協議離婚。

 

 

この間、実家の父が大病で手術・入院。

意識が戻らないまま2か月余り・・・その時に発覚したのが父の多額の借金。

 

知らぬ間に実家も抵当に入っていて、日々借金の取り立ての電話に母も精神的に参っていて

どうしたものか・・・と相談されました。

 

子供たちのためにと貯めていたお金をすべて吐き出し、昼は自分の仕事、

夜は水商売の仕事をし4年ほどそのような生活を送るも体調を崩してしまいました。

 

突発性難聴です。

頭の中でわんわん音が響いて、周りの音が聞こえないんですね・・・。

いつも大音量で音が鳴り響いているように聞こえるので辛かった~

 

そのころには借金返済のめども立ってきていたので、水商売を辞め飲食店での仕事に変え

実家への仕送りも無くても大丈夫と言われてようやくひと段落。

 

実家の父は大病の後、仕事を辞め年金で生活、母は定年退職後パートで
働いているので、今のところは大きな問題はなく生活できています。
でも、どちらかが病気になるなどしたときのことは、考えておきたいと思っています。

 

これでも私、長女なんですよね(笑)

 

 

現在

 

39歳5月5日に現在の旦那さんと入籍。40歳の時に高齢出産・帝王切開にて出産。

現在は2歳の息子と27歳の旦那さんと、2016年に購入した一戸建てで生活しています。

 

妊娠中に家を購入し、引っ越しをしました。当時は正社員で働いていたので問題なかったのですが、産前産後休暇・育児休暇に入り職場復帰予定でしたが、諸事情により戻れず・・・

 

保育園にも入れず待機状態に。

 

正社員の求人を見ては応募するも、自分の年齢が40歳を超えていること、0歳児がいるとなると仕事は決まらず・・・。

 

そうこうしているうちに保育園に空きができ入れることになったものの、慣らし保育が始まったとたん退園勧告。何とか交渉し1か月以内に再就職するという約束で慣らし保育続行。

 

 

応募しては不採用・・・・

 

あと1週間で仕事が決まらなければ、保育園は退園という時に私はひどく落ち込んでいました。

 

自分は社会から必要とされていないのかな・・・と。

そんな私を見て主人は「あなたが必要とされてないから不採用になるんじゃなくて
今の環境の問題でしょ?」という一言で救われ、正社員を諦めパートで働くことにしました。

 

 

 

近所の物流センターの倉庫業務のパートに応募したところ即採用。
保育園の退園は免れ、当面の生活費を稼ぐための手段も得ることが出来ました。

 

でも、収入は今まで正社員で働いていた時の半分以下。

仕事は単調でおもしろくないのですが、そんな中でも自分なりの目標や
やりがいを見つけるなどしていましたがモチベーションは上がりません。

同時期に入社したパートは私を含めて5人。みな同年代です。
おしゃべりに夢中で、気がつけば作業はストップなんていうのは当たり前。

最初はおしゃべりの輪に無理して入っていましたが、私には無理だと思い
コミュニケーションはあいさつ程度にするようにしました。

 

 

すると、さぼっているのが気になってしょうがなくなり、なぜ同じ時給で
働いているんだろう・・・とイライラしだすようになりました。

 

そんな時にネットで稼げるようになって、パートを辞めるんだという目標を持つようになったんです。

 

 

そう思い始めたらら、他のパートさんがしゃべっていようがさぼっていようが
あまり気にならなくなりました。(笑)

 

 

 

在宅で何か収入を得たいと始めたのが、育休中にネットで模索していきついた

アドセンスブログの運営です。

 

今までは、趣味程度でお小遣いくらい稼げたらいいな的な感じでやっていましたが

これを外注化することで、自分の仕事として確立しようと思ったんです。

 

仕事とするからには、記事を自分で書かずに(たまには書いてますが)ライターさんに

書いてもらうことで、作業の分業が可能になります。

 

すると今まで思うようにはかどらなかった仕事が、ガンガン進むんですよね。

コレはオモシロイ!

 

自分が一線で働いていたころを彷彿とさせます。

 

 

こんな風にやってみたらどうだろうか?

スタッフさんに、こんなアドバイスしてみらどうだろうか?

 

仕事に対しの目標だとか、プロセスだとか、パートではそういうのが
無いので、ただただ時間内に決められたことをやるだけ。

あれこれ工夫して売り上げを伸ばしたり、お客様に満足してただく
作業をしたりということは、やっぱりやっていて楽しい。

 

 

まるで、自分がチームリーダーになって仕事を進めているようで

どんどん仕事が楽しくなってくるじゃないですか。

 

 

アドセンスで収入を得るためには、何よりも作業量が大事なのですが

一人ではどうしても、そこが足りなかった。

 

でも、外注化したら?

 

こんなにも変わるんですね・・・

 

目指すこと

 

このブログは「40代主婦がアドセンスブログを仕事にする」実践記です。

 

もう40歳だから・・・

 

いやいや、まだ40歳でしょ!これから頑張りましょうよ!

私は夢を実現させるためにやりますよ!

 

最近の投稿
カテゴリー
よく読まれている記事
仕事のススメ

メタ情報