クラウドワークスでライタートラブル!外注から納品された記事が使いまわしされていた!

目安時間:約 8分

 

先日、Googleから手動ペナルティを受け、その解除のために多くの時間と労力を費やしました・・・。

 

精神的にもかなりやられてしまい、サイト運営を辞めようかと思ったほどでしたが、何とかペナルティは解除できサイトを復旧することが出来ました。

 

 

その後判明したとんでもない事実とは・・・

クラウドワークスでライターさんとトラブル?

まさか、自分がこんなトラブルに遭おうとは思ってもいませんでした。

 

Googleの手動ペナルティにしてもそうですが、自分ではルールを守ってサイト運営しているつもりでしたので、思い当たることが無かったんですね。

 

ただ、今回Googleから受けた指摘の中に「他のウェブサイトからのコンテンツの無断複製といったスパムテクニック」というものがありました。

 

これは、他のウェブサイトから記事内容をコピーして作っている記事ということだと解釈したので、外注さんから納品されてきている記事を再チェックしてみることにしたんです。

 

すると2人の方の記事がコレで引っかかりました。

 

「コピーの疑い」が50%以上だったんですね・・・

 

慌てて記事を非公開にしたのは言うまでもありません。

 

一人の方は男性で、月に1本程度しか納品が無いので、次の記事が納品されて、その記事がまたコピーチェックでひっかかるようでしたら、指摘する予定です。

 

もう一人は、1月から採用した方で20代の女子大学生です。

コレがひどかった・・・・

 

クラウドワークスで募集して納品された記事が使いまわしされていた!

 

Googleの手動ペナルティの間はサイトの更新は行わず、ひたすら修正を行っていました。

 

その間、その女子大学生からは4本の記事が納品されたのですが・・・

 

結果は御覧の通り。

 

こちらは、納品時のチェックで気づいたので、4記事とも修正の依頼をしました。

 

まぁ、その後の返事はありませんけどね(;^_^A

 

 

そこからがまた酷かった。

 

その女子大学生から以前納品されていた記事を、手動ペナルティ解除後に公開しようと思ったのですが、念のためと再度コピーチェックを行ったところ・・・

 

 

え・・・どういうこと?

 

丸々コピーってこと??

 

対象サイトの情報を見てみると、記事の内容のみならず、タイトルや中見出しまですべて同じという状況。

 

ちょっと、これって・・・と唖然としてしまいました。

 

だって、タイトルや中見出しは私が作成したものだったので、全く同じものが使われているということは私が依頼した記事ということです。

 

対象サイトでの記事の公開日を見てみると、まだ最近のようです。

 

つまり、その女子大生は私が依頼したタイトル記事を、私に納品しておきながら他のクライアントにも売っていたということです。

 

たまたま、今回はまだ私が公開していなかったため、私の方が公開日時が後になってしまうから、こちらがコピー記事になってしまう。

 

 

恐る恐る、対象サイトの他の記事を見てみると、他にもあるじゃないですか!

 

もうね・・・ビックリです。

 

ただ、このサイト運営者に連絡を取りたくても、連絡先すら記載されていないんです。

始めたばかりでサイト運営のルールとか知らないのかな・・・

 

 

で、こいつどうしてやろうか"(-""-)" と思い、まずはクラウドワークスへ連絡しました。

 

上記アカウントのメンバーに関して相談させていただきたく連絡させていただきました。

メンバーにブログ記事作成の仕事を依頼しております。
先日、納品された記事が他サイトからのコピー記事であったため、修正を依頼しました。
また、それ以前に納品された記事に関しても、再チェックしたところコピー記事であることが判明しました。

自信が運営するサイトが、2月13日よりGoogleの手動ペナルティを受けており、
その原因の一つに他サイトからのコピーが挙げられていました。

ようやくペナルティが解除となり、運営を再開したのですが、既にサイトにアップしている上記アカウントメンバーの記事を再チェックしていたところ、やはり他サイトと類似しているとう結果になりました。

記事の納品時期や、他サイトでのアップ時期などをみると、私に納品した記事を、他クライアントにも納品しているようです。

下記ご確認ください
https://******html 私のサイトで2月3日に公開しています。記事納品はそれ以前です

https://ma******.com/entry/2019/02/27/231139 他サイトです。公開日は2月27日のようです。

これ以外にも数記事、私が依頼し納品されている記事と同じものが、他サイトで公開されています。

私は、これらの記事により数週間収益を得ることが出来ませんでした。
よって、上記アカウントメンバーに損害賠償請求をしたいくらい腹立たしく思っています。

また、支払った報酬の返金を求めたいと考えています。
御社のお考えをお聞かせください。
まだ、今後の対応についてお聞かせいただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

 

この返事を待ってから、女子大学生へ連絡を取り対処したいと思っています。

 

 

クラウドワークスで記事が外注から納品されたら必ずチェック

今まで使っていたコピーチェックは、ほとんど意味を成していなかったということがわかりました。

 

今回のことをきっかけに、他のコピーチェックツールを使うようになったのですが、こちらは無料で使えるのにかなり優秀です。

 

そのツールはこちら→ CopyContentDetector

 

現在、外注さんに記事を依頼している方は、再度チェックしてみたほうがいいかもしれませんよ・・・私のようにならないために。

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

A8.netなら!
————————————————
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能

◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!

◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる

◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載

———————————————–
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録→ A8.net登録




最近の投稿
カテゴリー
よく読まれている記事
仕事のススメ

メタ情報