記事作成のライターさん募集の仕方【クラウドワークス】

目安時間:約 5分

 

アドセンスブログの記事を外注化しようか・・・と思ったときに、どうやって外注するの?って疑問ですよね。

私はFAAPという教材をもとに、ライターさんを募集しました。

 

教材の内容については、また改めて触れますね。

 

記事作成のライターさんを募集するには

記事作成のライターさんを募集するために、求人広告を使うというのも一つの手なんですけど、広告費って結構な金額なんですよ・・・

 

一番小さい枠でも数万円なんてザラです。

 

それに、求人広告(紙媒体)を使ってだと、特定の地域のみになってしまうし難しいですよね。

 

 

そこで利用するのが、クラウドソーシングというもの。

 

インターネットを利用して不特定多数の人に業務を委託するというものです。

 

これなら家にいながらにして、多くの人に求人を見てもらうことが可能ですよね(*^^)v

実際に利用するのが「クラウドワークス」です。

 

クラウドワークスとは?

 

クラウドワークスはクライアント(仕事の依頼主)とワーカー(仕事をしたい人)をつないでくれる、日本最大級のクラウドサービスです。

 

仕事の内容も多岐にわたり、ライター以外の仕事もたくさんありますよ。

 

 

クライアントは、依頼ししたい仕事内容を登録します。

その際には、内容・報酬額・納期などを明記する必要があります。

 

ワーカーは掲載されている仕事の中から、自分がしたい仕事を探して応募します。

 

双方の折り合いがついたら作業がスタートということになります。

基本的にはサイト内でのメッセージのやり取りで完了し、支払いもサイトを通しての支払いとなるので、ライターさんと個人的にどうこう言うことはありません。

 

 

クラウドワークスでのライターさんの募集の仕方

実際に、教材をもとに応募を行ってみました。

マニュアルに沿って募集をかけるので、難しいことは一つもないんですよね~

 

もともと、私はワーカーとしてクラウドワークスを利用していたので、使い方にもさほど迷うことはなかったのですが・・・

 

報酬単価が低いからか・・・なかなか人が集まりません。

 

 

そこで行ったのが、スカウトです。

オプション機能で、一斉に案内メッセージを送ることもできるのですがお金をかけるのはもったいない(;^_^A

 

そこで、一人ひとり地道にメッセージを送りました。

 

最初こそ、ワーカーのプロフィールをチェックして・・・とやっていたのですが、それではなかなか多くの人に告知することはできません。

 

とにかくひたすらメッセージ。

 

 

同じ教材を利用して、ライター募集をしている方は多いので、それに応募している方にアタックしていくのが手っ取り早いです(笑)

 

そんなことしていいの?

と思うかもしれませんが、ライターさんの方も同じような募集文が並んでいるのは称していて、自分と相性が合う人と続けていくという仕組みのようなので、まずはメッセージのやり取りなどから、自分と合いそうだなという人を見つけることも大事ですね。

 

 

そんなこんなで1カ月かけて20人ほどのライターさんと契約しています。

 

毎日のように納品してくれる方もいれば、2週間に1記事程度の方もいるし、音信不通になる方も・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

 

ブログ村ランキングに参加しています(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

A8.netなら!
————————————————
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能

◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!

◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる

◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載

———————————————–
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録→ A8.net登録




最近の投稿
カテゴリー
よく読まれている記事
仕事のススメ

メタ情報